免責事項

ここで紹介している内容は、完成された技術ではなく現在でも常に進化しています。また、全てを網羅するものではなく、正確であるよう万全を期していますが、全てを保証するものではありません。 更に、それぞれの技術には条件があり、理屈を理解せず都合の良い部分を組み合わせただけの方法では、破綻の恐れがあります。そして時により危険を伴い、重大な障害の原因となって死に至る場合もあります。各自の責任において適切な技術を習得する必要があり、リスクを理解し充分なトレーニングを行う必要があります。また、改善のため予告無く内容を改訂・変更する場合があります。

近年のロープは繊維メーカーの新規開発や技術の革新によって年々性能が上がり、多様化によって一見しただけではそのロープがどんな目的でどんな特性を持っているかが非常に判りにくくなっています。従来と同様の使い方をしたり、混同や本来の目的以外の使用は大変に危険です。ロープの機能や性能の根拠が違ったり、表記方法や単位がバラバラだったり、基準・規格も一概に比較できず非常に理解し難い側面もあります。そんな情報をまとめて整理できたらと思いこの本を作りました。
※ここで紹介している内容は、個人が蓄積したデータです。全てを網羅するものではなく、正確であるよう万全を期していますが、全てを保証するものではありません。また、情報は絶えずアップデートしているので、恒久的なものではありません。

ここに紹介している内容は、世界的にスタンダードとされる情報の一部です。ロープのことを知ることで各々が自らの考察の切っ掛けになり、悪しき作業慣行の是正や自らの危険回避と作業性の向上につなげられれば幸いです。
●ロープの組成
●ロープの構造
●ロープの種類
●ロープの素材
●合成繊維の特徴
●ロープの機能
●ロープの規格
●ロープのケアと保守管理


一部のページ紹介

ロープの組成

ロープの種類

ロープの素材


合成繊維の特徴

ロープの規格

ロープのケアと保守管理


ロープについて 知っておきたい事柄

inserted by FC2 system