免責事項

ここで紹介している内容は、完成された技術ではなく現在でも常に進化しています。また、全てを網羅するものではなく、正確であるよう万全を期していますが、全てを保証するものではありません。 更に、それぞれの技術には条件があり、理屈を理解せず都合の良い部分を組み合わせただけの方法では、破綻の恐れがあります。そして時により危険を伴い、重大な障害の原因となって死に至る場合もあります。各自の責任において適切な技術を習得する必要があり、リスクを理解し充分なトレーニングを行う必要があります。また、改善のため予告無く内容を改訂・変更する場合があります。

私は、物理なんて聞いただけでも眠くなるし、できれば目を背けたいので、何度も挫折しました。それでも必要に迫られてシツコク取組みました。この本は力学を理解できている人には何の役にも立ちません。なかなか解らず挫折し続けた自分が納得できた道のりを紹介しているだけです。力学は計算だけではなく、自然の力がどう作用するかを知ることだと思います。ちゃんと計算できなくても自然の力を少しだけ理解すると便利なんです。自分で納得できたスクラップ&ビルドのプロセスで、けん玉やジャムの瓶のフタを開けるといった当たり前に工夫しているところから、力学の面白さを知り、皆が考える切っ掛けになるならと思い、自分なりの考えを紹介した本です。

ここでは法則の暗記や正確な計算以前の、当たり前の「知っている」コトを納得するために、一度分解して整理し、「理解」を「納得」につなげていきます。そして自然の摂理が最も肝心と気づくと力学って本当は面白いんです。
●「方向」「力」「重力」
●平面/斜面/引き上げの移動
●力の方向の変化
●アンカーに掛かる荷重の変化
●合力
●分力
●倍力効果
●資料 危険なエリア/正弦定理など


一部のページ紹介

引きがげの移動

落としたら...

合力[倍力効果]


分力

力のモーメントの利用

資料[正弦定理]


方向・力・重力 ザックリとした力学

inserted by FC2 system